水のトラブルで多い水漏れの修理パターン

予期できないことも多い水のトラブルは、不在の時に発生することも大いにあります。水漏れは毎日注意深く気にしている部分でもないので、発生した時のダメージは計り知れないこともあるほどです。
それでも最低限の修理パターンを理解しておくことで、日常生活への悪影響をより少なくすることができます。ケースごとに理解していきましょう。

■配管類から起きる水漏れ

水漏れの最も軽微なタイプは配管類の連結部分から発生するトラブルです。このような場合は、ネジ類のゆるみやパッキンの劣化などが原因であることが多く、接続部の隙間からの水漏れのため、流れる水の量もそれほど多くはありません。修理としても簡単に行うことが可能で、一部パーツの取り換えのみで対処できます。
しかし、配管の表面部からの水漏れが発生している場合は、配管表面のヒビなどによって引き起こされます。配管のひび割れは劣化によるものが多くみられるため、配管の交換などの作業が必要になる場合もあります。

■環境に起因するトラブル

この配管類の水漏れにはメインの水圧によるもの以外に、時折設置されている回りの環境に起因して発生するケースもあります。例として建築物の傾きや土壌による圧迫があり、これによって配管への圧力が増すことで亀裂を生じ、水漏れに至ることもあるのです。このような場合は床下などで起こることが多く、専門工事業者による大掛かりな修理が基本となります。


■まとめ
初めての経験だと軽く考えてしまいがちな水漏れですが、色々なレベルのものが存在することを理解し、処理パターンを認識しておくと水漏れに対する焦りも軽減します。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ