水漏れ修理も水道工事が必要になることもある

水漏れも相当深刻なレベルになると、短時間で修理することが困難なケースもあります。時として応急措置だけでは済まないこともあり、本格的な水道 工事が避けられないこともある訳です。
水道工事となると費用面での負担増が何より心配になりますが、具体的にどのようなケースが大規模工事になりやすいのか確認していきます。

■水道工事に発展する水の漏れ

一般的に水漏れの修理において、水道工事と呼ばれる大きなものになりやすいのは配水管などの破裂によるものです。水漏れも僅かな亀裂が原因となるものであれば対処的に漏れを止めれば良いのですが、破裂となるとこのままでは配水管1本の品質維持は困難となります。そのため、修理というよりも交換という方法を採るしかなく、専門の工事業者の手にゆだねるしかありません。

■大規模な工事になるケースは

家庭における水漏れは、屋内で起こるものと感じている方も多いものです。実際は家屋の下にある配管から漏れることもあり、それが家庭内の水圧にも悪影響を与えるケースがあります。これらは地面掘削してから配管交換が必要となりますので、水道 工事としては比較的大規模なケースとなりやすいのです。



■まとめ
たかが水漏れでも水道工事にて修理しなければならないレベルになると、コスト面でも負担が大きくなります。家屋の補修を切っ掛けに配管なども同時にチェックしておくことで、将来的な大規模な水漏れ発生の防止にも大いに役立ってくれるはずです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ