水漏れの修理後も安心できない事情とは?

最終的に水漏れを修理し元のストレスのない生活に戻ったと思いきや、なぜかトラブルが改善できていないということもあります。これは本来発生していた水のトラブルが思っていた以上に広範囲にわたって影響を及ぼしていたというケースです。

■修理後に発覚する別の水トラブル

水のトラブル修理後、発生しやすい別の水トラブルについてはその多くが床におけるものです。床の下に水が入り込み、建物の構造上の脅威となるケースもあります。例えば水漏れによって建材が湿り気を帯びて床裏にカビが広がっていたり、コンクリートの鉄筋に錆びが発生し、強度に悪影響したりするケースです。長期間にわたって水漏れが発生していた場合は、水漏れ箇所の修理だけではなく、他の場所への影響に関しても点検を行わなければなりません。

■住民間トラブルになる恐れもある

集合住宅になると上階からの水漏れが下階の住民へのトラブルになることもあります。よくあるのが天井から水漏れによって、下階の壁やフローリングを劣化させてしまうケースです。
多くの場合、配管は床下や壁の中を通っているため、他の階の住民に対しても被害が発生する場合があります。大規模な水漏れを起こしてしまった場合は、早急に管理会社へ連絡し、他の住宅への被害状況についても確認してもらう必要があります。

■まとめ
目の前の水漏れがなくなったことで安心してしまいがちですが、潜在的なトラブルが尾を引いていることを多くのご家庭では意識をしていません。水漏れの発生した場所にもよりますが、特に長期間にわたって床に水が漏れていた場合は、水漏れが与える建物への影響にも十分に考慮する必要があります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ